初音ミク発音記号早見

五十音順のVOCALOID発音記号です。

文字入力モード中"Altボタン+下"でグレー色の発音記号入力モードにして入力する。

あ行〜わ行
わ[w a]ら[4 a]や[j a]ま[m a]は[h a]な[n a]た[t a]さ[s a]か[k a]あ[a]
うぃ[w i]り[4' i] み[m' i]ひ[C i]に[J i]ち[tS i]し[S i]き[k' i]い[i]
 る[4 M]ゆ[j M]む[m M]ふ[p\ M]ぬ[n M]つ[ts M]す[s M]く[k M]う[M]
うぇ[w e]れ[4 e]いぇ[j e]め[m e]へ[h e]ね[n e]て[t e]せ[s e]け[k e]え[e]
を[w o]ろ[4 o]よ[j o]も[m o]ほ[h o]の[n o]と[t o]そ[s o]こ[k o]お[o]
きゃ行〜りゃ行
りゃ[4' a]みゃ[m' a]ふぁ[p\ a]ひゃ[C a]にゃ[J a]ちゃ[tS a]しゃ[S a]きゃ[k' a]ぁ[h\ a]
  ふぃ[p\' M]  つぃ[ts i]すぃ[s i] ぃ[h\ i]
りゅ[4' M]みゅ[m' M]ふゅ[p\' M]ひゅ[C M]にゅ[J M]ちゅ[tS M]しゅ[S M]きゅ[k' M]ぅ[h\ M]
 みぇ[m' e]ふぇ[p\ e]ひぇ[C e]にぇ[J e]ちぇ[tS e]しぇ[S e] ぇ[h\ e]
りょ[4' o]みょ[m' o]ふぉ[p\ o]ひょ[C o]にょ[J o]ちょ[tS o]しょ[S o]きょ[k' o]ぉ[h\ o]
が行〜ぱ行
ん[N]ぱ[p a]ば[b a]だ[d a]ざ[dz a]か゜[N a]が[g a]
ん[N']ぴ[p' i]び[b' i]ぢ[d i]じ[dZ i]き゜[N' i]ぎ[g' i]
ん[N\]ぷ[p M]ぶ[b M]づ[d M]ず[dz M]く゜[N M]ぐ[g M]
ん[n]ぺ[p e]べ[b e]で[d e]ぜ[dz e]け゜[N e]げ[g e]
 ぽ[p o]ぼ[b o]ど[d o]ぞ[dz o]こ゜[N o]ご[g o]
ぎゃ行〜ぴゃ行
吸[br1]ぴゃ[p' a]びゃ[b' a] じゃ[dZ a]き゜ゃ[N' a]ぎゃ[g' a]
吸[br2]  でぃ[d' i]ずぃ[dz i]  
吸[br3]ぴゅ[p' M]びゅ[b' M]でゅ[d' M]じゅ[dZ M]き゜ゅ[N' M]ぎゅ[g' M]
吐[br4]ぴぇ[p' e]びぇ[b' e] じぇ[dZ e]き゜ぇ[N' e]
吐[br5]ぴょ[p' o]びょ[b' o] じょ[dZ o]き゜ょ[N' o]ぎょ[g' o]

偽英語:お〜[o h\]まぃ〜[m a i]らーぶ[4 a h\ b' M]、など、ひとつの音符に複数の発音を入れれる。

鼻濁音:"が行"がうるさい時は目立つ音を"か゜行"におきかえるとそれらしい発音になるらしい。

ブレス:それぞれ、すー[br1]、す〜[br2]、す〜〜[br3]、はー[br4]、は〜〜[br5]、ってかんじ。(わかりづらい)
ブレスのすぐ後に音があるとノイズが出やすいので、少なくとも16部音符分はなす。

単語の途中(h\)って・・・

おそらく"〜"ってことだろうかと。この表には"ぁぃぅぇぉ"で書いてますが、伸ばしで音が変わる場合に使うものかと・・・。例文が"mahou"となってますが、"まほ〜ぉ"[m a][h o][h\ o]みたいに使うと良い感じ。
しかし、何故か[h\ a][h\ i][h\ M]は音の始めでは使えないようす。"ほ〜ぃ"は[h o h\ i]と言うふうに一つの音の中に入れるしか無い様子。[h o][h\ i]は、"〜ぃ"の部分が聞こえず、[h o h\][i]にすると"い"が聞こえなくなってしまいます。"〜ぁ""〜ぃ""〜ぅ"の部分で音程を変えたい場合はPITで強引に変えるしかなさそう。

リン・レンACT2の(h\)

ACT2ではh\を発音しません。しかし前バージョンでは発音できます。なのでACT2は英語が苦手なんですね。(そのまま歌い手を変えるとその音符だけ無音に・・・)
現在は入手困難なので惜しいです。

巡音ルカの(h\)

ミク・リン・レン(無印)では息が抜けたように”〜”の表現ができたのですが、ルカでは、少しはっきりとハ行に近い発音になりました。

巡音ルカの(br5)

巡音ルカ専用の裏技で[br5]は休符の扱いになっているそうです。"It's a"は"いっつぁ"という発音ですが、"いっつあ"としたい場合に[I t s][br5][V]と間にbr5を挟むとtsとaの発音が繋がらなくなります。
日本語ライブラリでは[n][a]が"な"に聞こえる時などに間に挟んで"んあ"にするくらいなら使えそうです。

巡音ルカの(t)

[t]を使って小さな"っ"のような発音を再現できるそうです。日本語版のほうの[t]は少々ノイズっぽく感じます。

 
Copyrightc 1999-2009 PIKAIA PICTURES